初期のシンセサイザーの操作で多様な電子音を創造、応用してきた作曲家たちは、単に電子音楽そのものを創作することから脱し、新しい試みに進むことになる。 既存の楽器というアコースティックな領域と電子音楽というデジタルの領域を一つに融合(electro-acoustic)させるものがそれである。 その結果、多様な組み合わせの楽器と電子音楽のための作品が歴史的に多数作られているが、まだピアノと電子音楽の関係について注目する公演はあまり行われていないようだ。 今回の公演は電子音楽とピアノの結合によって起こる複合的な領域への音的探求になるだろう.

イム・スンヒョクのテはフーガの形からそのアイディアを発展させている。同じ単位の時間の中で、フーガの声部たちはますます複雑さを増していき、そのテ(枠)を大きくしていく。 作品の中のモチーフたちも、時間が経つにつれ電子音楽のフィードバックとともに複雑さを増しながらその枠を大きくしていく。
マリオ・ダヴィドフスキーのシンクロニズム6番は彼の生涯にわたった「シンクロニズム」シリーズのうちの一つだ。 このシリーズはそれぞれ他の楽器と電子音楽との結合を試みており、この6番目のシリーズはピアノと電子音楽のための作品である。 電子音楽はさまざまな形態に変形し、ピアノは電子音楽のジェスチャーを相互に一致させる。 あるいは、その逆の状況が起こることもある。
一柳慧の「ピアノ音楽第3番」は彼がフルクサスのアーティストたちと交流したことに作った7つの'ピアノ音楽'シリーズのうちの一つである。 具体的な演奏方法は示されておらず、ピアノとピアノ以外の素材から出る音を自由自在に合成するよう求めている。 今回の演奏ではその「ピアノ以外の素材」を電子音楽の領域として置き換えて表現する。
ヤコブ・テル・フェルドハウス(ヤコブ TV)のあなたの夢の中の体は、理想的な体型を持ちたいと思う人々のための通販広告を背景に作られた。 このテレビショッピングの広告の誇張した台詞は、かえって演劇的で音楽的にさえ聞こえたりする。この「音楽的な台詞」がポピュラー音楽的なジェスチャーと融合し、新しい「CM音楽」に衣替えする。
アルシデス·ランザのプレクトロスIIIはピアノへの無限の探求を示している。 プレクトロスはプレクトラム(Plectrum)、つまりピアノの弦を外すことに止まることなく、より多様なマテリアルを利用して電子音響とともに最大限のシナジーを成し遂げようとしている。
ジョン・ケージのTVケルンはテレビ、そしてそのノイズに対するオマージュ。テレビ(あるいはラジオ)のチャンネルをずっと変えながら数々の音をだすように、ピアノが出せる素材のチャンネルもどんどん変わっていく。
ダン・ベンヘッスルのカモフラージュは偽装する側と偽装される側の間で繰り広げられる一種の音楽的な戦い,あるいはゲームだ。 ピアノの音と電子音楽の音はお互いを包み隠そうとする。 しかし、この緊迫した戦いに結局勝つのは誰なのか? それは、もっぱら聴者の分に委ねられているだろう。​
ピエール・ジョードロフスキの赤いシリーズが注目しているのは,人間の心臓,そしてそれが放出している動力的な赤い血である。 心臓を生命維持のための一つのモーター機関として見なし、それが絶えずポンプする血が音楽的キャンバスを暴力的な赤に染めてしまうのだ。
  • Black Spotify Icon
  • Apple Music Social Icon
  • Black Amazon Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Spotify Icon
  • Apple Music Social Icon
  • Black Amazon Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon

© 2023 Wix.com으로 제작된 본 홈페이지에 대한 모든 권리는 OOOO(사업체명)에 귀속됩니다.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now